青汁を控えなければならない病気

青汁を控えなければならない病気

毎日の健康や美しさをサポートする青汁は多くの人が毎日の食事などに取り入れているのではないでしょうか。野菜に含まれる豊富な栄養素を体内に取り入れることが出来るので健康や美容には最適な飲み物です。ですが健康や美容によいとされる青汁でも飲み過ぎることによって健康を阻害することもあるので適度な量を摂取しなくてはなりません。また健康状態によっては青汁を飲んでは行けない人もいるようです。

 

青汁にはビタミン類や食物繊維、マグネシウムの他に豊富にカリウムが含まれています。カリウムはミネラル成分であり、実はこのカリウムは腎臓機能が低下している人が取りすぎると悪影響を及ぼす可能性があるのです。腎臓機能が正常に機能していない人がカリウムを摂取すると上手く排泄されなくなり、血中のカリウムが上昇することによってカリウム中毒に陥ってしまうのです。

 

腎臓機能が低下しているという状態で挙げられるのが腎炎などです。もちろん腎炎であっても、医師の適切な指導のもと青汁を摂取している場合には健康の維持に役立てることが出来るのですが、自分の健康状態や青汁に含まれる栄養素を何も知らないまま、ただ健康に良いからと言って取り続けるのは間違っているのかもしれません。

 

また何かの疾患によって薬を常用している場合も注意が必要です。青汁の成分によって薬の効果が薄まってしまったり、副作用を起こしやすくなってしまったりすることもあり、手軽に健康や美容に役立てることが出来る青汁ですが不規則な生活習慣やバランスの取れた食事にプラスして補助的な意味で活用してみてはいかがでしょうか。