コーヒーは自然妊娠しづらくなる?

コーヒーは自然妊娠しづらくなる?

コーヒーというのは、自然妊娠の妨げになってしまうといわれているのですが、コーヒーを飲まないようにしたほうがいいのでしょうか?絶対にコーヒーは飲まないようにするべきでもないのですが、コーヒーに含まれているカフェインのせいで自然妊娠しにくくなってしまう可能性は高いです。

 

カフェインというのは、体を冷やしてしまう作用を持っています。体が冷えてしまうということは、体の機能も下がってしまいます。そのため、子宮の働きも弱くなってしまって、自然妊娠しづらくなってしまうのです。

 

さらに、カフェインというのは利尿効果も持っていますから、尿と一緒に必要なミネラルやビタミンまで失われてしまいやすくなります。

 

つまり、コーヒーだけではなく、カフェインが含まれている紅茶や緑茶なども可能な限り飲まないようにしたほうが良いのです。コーヒーが好きなのであれば、タンポポコーヒーやデカフェのようにノンカフェインのコーヒーを飲むようにしましょう。

 

タンポポコーヒーはノンカフェインになっているだけではなく、妊娠にいいといわれていますから、積極的に飲んでみるといいでしょう。

 

この他にも、ジャスミンティーやローズヒップティー、ルイボスティーといったハーブティーは赴任の改善作用が期待できるといわれていますので、普段から取り入れてみてください。