喫煙や飲酒は自然妊娠の大敵です

喫煙や飲酒は自然妊娠の大敵です

喫煙をしていたり、飲酒をしていると、100%とはいいませんが自然妊娠できなくなる可能性が高くなってしまいます。ですから、喫煙や飲酒というのはやめておいたほうが良いのです。

 

お酒を飲んでしまっていると、月経不順になりやすくなるだけではなく、受精卵が順調に成長しにくくなってしまうことも多いです。また、飲酒をしていると流産しやすくなるとされていますから、妊娠中だけではなく妊娠をする前から禁酒をしておいたほうが良いのです。

 

お酒をやめることが出来ないのであれば、最低でも飲む量を減らすようにしてください。次に喫煙についてですが、喫煙はするべきではありません。タバコを吸っていても自然妊娠できたという人も確かにいます。ですが、自然妊娠する確率が下がることは、医学的にも証明されていますので、自然妊娠したいのであれば、すぐにでも禁煙をするようにしてください。

 

タバコというのは血行不良の原因になるだけではなく、卵巣や子宮の働きが弱くなってしまいます。これによって、女性ホルモンが思ったように分泌されにくくなり、妊娠しにくくしてしまうのです。

 

妊娠をすることが出来たとしても、胎児に悪いものですから、子供の安全を考えて禁酒、禁煙をすぐにするようにしましょう。

 

金主や禁煙をすることでストレスを感じるのであれば、アロマオイルを使ったり運動などをしてストレスを発散させるようにしてください。