睡眠不足は自然妊娠の妨げになる

睡眠不足は自然妊娠の妨げになる

睡眠不足になってしまうと自然妊娠しづらくなってしまうという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?睡眠不足が慢性的になってしまうと、生殖機能が弱くなってしまい、自然妊娠しづらくなってしまうとされています。

 

睡眠時間が十分に確保されていないことももちろんいけませんが、昼夜逆転の生活をしていたり、不規則に寝ているという場合、睡眠時間はあったとしても、熟睡をすることは難しくなってしまいます。

 

自然妊娠しやすい体にしたいのでしたら、睡眠の質を高められるようにしなくてはなりません。ですから、就寝時間と希少時間をちゃんと決めて、その時間に寝起きをすることが出来るようにしましょう。

 

この他にも、入浴をするのであれば、しっかり体を温めて血行を良くすることも大切です。また、就寝前にスマホやテレビ、パソコンなどはしないようにしましょう。

 

日中に軽く運動をしたりして、体を疲れさせるようにすれば、良い睡眠をとりやすくすることも可能になります。あとは、起床後に日光を浴びたり、白湯を飲んだりするのもいいでしょう。白湯は苦手なのであれば、温かいハーブティーなどを飲むようにしましょう。

 

一番望ましいのは、睡眠時間を7〜8時間ほど確保することだとされています。ですから、仕事をしている場合でも、これくらいの睡眠時間をとるように普段から意識してみてください。