効かないはウソ!炭酸パックは正しく使おう!

効かないはウソ!炭酸パックは正しく使おう!

炭酸パックを使用する際にはその効果を存分に引き出す為に、より効果的な使用方法を覚えておきましょう。

 

まずパックをする前には顔を清潔にしておく事が大事です。当然ですが化粧は落とし、綺麗に洗顔をしておきましょう。洗顔後に化粧水などをつける必要はありません。洗ったままの何もない状態でパックをします。

 

また半身浴をしながらのパックはとても気持ちいいですが、炭酸は15℃前後で発泡しやすくなる為、パックをする前に顔を一度冷やしましょう。アイスノンがあればそれでもいいですし、なければ冷たいタオルやおしぼりで優しく肌に当てて下さい。

 

このひと手間をするのとしないのでは結果に大きく差が出てしまいますので、必ずするようにしましょう。この時に髪も束ねておきましょう。

 

顔が冷えたらいよいよ炭酸パックの準備です。ジェルとパウダーをそっと混ぜ合わします。この時ポイントとなるのが、「混ぜすぎない」という事です。ここで混ぜすぎてしまうとせっかくのパックが肌の上に乗せた時にはしゅわしゅわと発泡しなくなってしまいます。パウダーが全部溶けきってないくらいでちょうどいいでしょう。

 

ここで時間をおかずにすぐに顔に塗りましょう。泡を素早く、綺麗に塗っていきます。顔にまんべんなく塗りましょう。目の周りなどの皮膚が薄い部分にも塗って構いません。厚さは1ミリから2ミリくらいがちょうどいいですが、パックがあまったらもっと厚く塗っても構いません。

 

厚く塗れば炭酸ガスも発生しやすくなります。塗り終わったら15分から、長くて30分放置し、綺麗に洗い流して下さい。気持ちは分かりますが、30分以上の放置は厳禁ですよ。